生命保険更新の連絡でびっくり

生命保険会社のセールスレディから突然連絡が入ります。
「間もなく生命保険が更新を迎えて更新後の保険料が毎月〇〇円」になります。

生命保険会社の担当というのは入れ替わりが激しく担当が誰かもわからない状態であることが多いので非常に驚きます。

どれぐらいの金額が上がるかはケースバイケースですが、少ない場合は4~5割で多い場合は倍ぐらいになります。毎月1万であった保険料が2万になるという感じです。

よほど裕福であれば別ですが、普通の家庭だとそんな保険料は「支払えない」ということになります。
一回だけ支払うのではなく毎月の支払いになるので家計の負担はかなり重くなります。

当然ながら生命保険会社のセールスレディもそのことは心得ています。
そのまま更新しないことを見越していて新しい保険の提案書を準備しています。

「この内容でしたら今までと保険料も変わらないのでいかがでしょうか」こんな感じで提案してきます。保険料は今までと同じ1万円といったところになります。

元々、生命保険というものは頻繫に見直すものではなく「結婚した」「子供ができた」などの時ぐらいしか見直しをしないので生命保険の知識がない人がほとんどです。

生命保険会社のセールスレディの提案のまま更新するということがほとんどです。

この生命保険会社の提案した内容が「転換」というもので契約者に非常に不利になっているものです。(生命保険会社が有利になっている)

生命保険会社の提案内容はこんな内容

次に生命保険会社はどのような内容の提案をしてくれるかについて説明してみます。

まず、加入中の生命保険を「解約」します。
保険の一部ではなくすべてです。

死亡終身保険は解約返戻金(解約することで戻ってくるお金)を新規の保険の頭金とします。
頭金があることで保険料は少しは安くなります。

「保険を下取りして新しい保険の頭金にしましょう」という説明があります。
「下取り」という言葉が出てきたら要注意ということになります。

更新型の保険というのは10年前・15年前に加入した保険なのでその時の年齢で保険料は計算されています。

例えば、10年前に100万円の死亡保険に加入していて月に5000円とすれば、一旦解約をして再度同じ保険に加入する場合は大幅に保険料がアップします。
例え、解約返戻金を頭金にしてもです。

営業マンの役割は、既存の保険を解約させて新しい保険に加入させることです。
このことで新規の契約を獲得したということで成績もアップします。

保険料が大幅にアップとなっては誰も契約をしてくれませんので支払い金額の調整を始めます。

覚えておかないといけないのは、同じ内容の保険であれば年齢が高いほど保険料が上がるということです。
年齢が上がれば保険料が上がるというのは死亡リスクが高くなるからです。

つまり更新後の保険料を同じにするには保障内容や支払い条件を変えないといけないということです。
こうして金額の調整のみを行った提案書を持ってきます。

営業マンはスキルは高くないためひたすら月々の保険料をアピールすることになります。
保険の提案書には保障内容の説明もありますが、説明はほとんどありません。

営業マンのスキル不足という部分もありますが、受ける契約者も知識が不足しており「〇〇生命さんが言われるなら」といった感じで契約をしてしまいます。
これで生命保険会社有利の転換により更新が成立します。

あくまで例ですが、以下のような感じで金額を操作します。
・死亡終身を減額する。200万→100万
・死亡定期の金額を減らす
・医療保険の保証額を下げる。1万/日→5000円/日
・払込期間をのばす。死亡終身の払込を60歳→70歳までに変更する。

生命保険というのは高額な買い物なので生命保険会社にすべて任せず契約内容もしっかり判断しないといけません。

生命保険の更新に最低知っておかないといけない事

生命保険会社が提案する「転換」による更新は生命保険会社有利であるということを説明しました。

また、契約者も生命保険の契約について判断しないといけないということを伝えました。

では、契約者が契約の内容を判断するためにはどのようなことを知っていればいいかについて書いてみます。

まずは現在契約している保険の内容をしっかりと「知る」ということです。
生命保険と言うと難しいイメージがありますが、ちょっとしたコツをつかめば理解することができます。

加入中生命保険の内容把握

現在、加入している生命保険の主保険が何であるかを見てみます。
生命保険には「主保険」と「特約」があります。

主保険というのはその保険のメインとなる保険のことで死亡終身保険であることがほとんどです。
以外は特約となっていわばオプションになります。

主保険と特約で何が違うかというと特約はそれのみで存在しない契約になります。
すなわち主保険の契約がなくなれば自動的に消滅することになります。

例えば、死亡終身保険が200万円で医療特約の入院給付金が1日に5000円の保険があるとします。
特約である医療特約のみ解約して死亡終身保険のみにすることはできますが、死亡終身保険のみを解約して医療特約のみを残すことはできません。

どの保険が主保険かは保険証券を見れば記載があります。

よくある保険の内容としては以下の感じになります。
・死亡終身保険 200万 60歳
・死亡定期特約 2000万 10年更新
・医療特約 5000円/日 10年更新
※例1

特約にはいろいろな種類がありすべてを書きませんが、これがよくあるパターンです。

生命保険の期間

生命保険には期間というものがあります。
期間について学んでいきましょう。

「生命保険の期間」には大きく3つの種類があります。
1.終身型
2.全期型
3.更新型

それぞれの期間について説明していきます。

終身型

保険は終身つまりずっと有効で支払いが60歳までというものです。
死亡保険に最も多いタイプですが、医療保険でも終身タイプはあります。
保険料は契約した時の年齢で決まり更新はありません。

死亡の終身なので必ず適用されることになり保障の割には保険料は高くなります。
医療保険で保険期間は終身だけど支払いもずっとというものもありますが、この場合は保険料は安くなります。

全期型

全期型の保険と言うのは最初から保険期間は決まっており更新はありません。
例えば、養老保険や定期保険が該当します。
10年間で保障が2000万円の定期保険に加入する場合は、保険料は加入する際の年齢で決まります。

10年間保険料を支払い満期になった場合は更新はなく保険は終了となります。
掛け捨ての保険ということになります。
改めて保険に加入する必要があります。

保険料は10年後の年齢によって決まりますので同じ保険内容であれば保険料は大幅に上がります。
更新型と同じように思いますが、違う点があります。

それは健康状態です。更新型の場合は健康状態のチェックはありませんが、新規の保険加入の場合は健康状態のチェックがあります。
健康状態というのは年齢と共に悪化することがほとんどなので新規加入のための条件は上がることになります。
生命保険会社は当然この場合も提案してきます。

更新型

では最後に更新型の説明です。
もっとも多いのが終身保険を主契約として定期の更新型を特約としてつけている場合です。
具体的にいうと死亡終身保険200万に対して10年間の更新型の特約として死亡1000万円・医療保険1万円/日・初期入院特約といったものです。

保険料は加入時の年齢で決まります、死亡の終身保険は加入時から支払い完了日までずっと同じ金額です。
それに対して特約である死亡の定期や医療保険は10年後の更新の際にその時の年齢によって計算されます。
これが更新の際に保険料が大幅に上がる理由です。

例1を元に説明していきます。

まず、死亡終身保険は保険料の支払いが60歳までの終身型の保険になります。
これはどういうことかというと「保険料は上がらない」ということになります。

これは最重要ポイントになります。
もし、転換を行うと加入中の死亡終身保険は解約されて新規に加入することになります。

新規に加入する場合、保険料は加入時の年齢で計算するのでもし同じ保障内容(例1なら200万)であれば大幅にアップすることになります。
転換をしなければ保険料はそのままでした。

月々の保険料が同じであれば保障内容か支払いを70歳までに伸ばしています。

次に死亡定期特約と医療特約について見ていきます。
この2つは更新型になります。

つまり同じ保障内容であれば更新の際の年齢で保険料が計算されることにより保険料が大幅にアップすることになります。
今回、提案通りに更新をして更新した保険が同じ更新型であれば10年後に同じことになります。

提案された保険の保険料が同じであれば特約を外すなどで保障内容を下げているのでしょう。

ではどうするればいいのか?

生命保険会社の営業マンから新しい保険の提案書が出てくるところまでを説明しました。

新しい保険の提案の際に「現在の保険の下取り」という言葉が出ていたら注意して提案書を見ましょう。
当然、保険の説明はありますが、保険料の支払いの話がメインです。(今までと同じ支払い)

現在加入した保険を見た時のように主保険は何で保険期間はどれぐらいかを見ていきましょう。
現在の保険の内容が理解できていたらある程度はわかるでしょう。

死亡終身保険を解約したり、保障内容が減っていたりすればなぜそのようにしたかを営業マンに聞いてみましょう。

死亡の終身保険をどうするか?

生命保険会社の提案としては主保険である死亡の終身保険は「解約」されているはずです。
終身保険の保障を増額したければ追加分のみ新規で加入すればいいし、減額であれば解約しないで減額をすればいいのです。

値上がりするのは「特約」なので特約のみを解約すればいいのです。
まれに「特約のみの解約はできない」という営業マンがいますが、そういう場合はコールセンターに問い合わせをするようにしましょう。

死亡保障が今までと同じように必要であれば値上がりしないので解約する必要はないはずです。
もしかしたら、契約している生命保険会社の商品に医療保険単独や死亡定期保険単独の保険がない場合もあるかもしれません。

そういう場合は医療保険単独や死亡定期保険は他の会社のものに加入をすればいいだけです。

「下取り」や「転換」といった言葉を出さずに提案をして健康診断書の提出を求めて来る場合がありますが、一般的に更新では健康診断書は不要で新規加入の場合に必要になるので新規の保険の提案をしていることになります。

特約は値上がりするので解約すべき?

次に特約の扱いについて考えてみます。特約も種類が多くすべてを扱うことはできないため一般的な死亡の定期保険と医療保険を対象にしてみます。

死亡定期保険から考えてみます。
「値段が上がる=特約解約」という訳ではありません。

どの会社のどの商品も保障内容が同じであればそれほど保険料の差はありません。
では、どのようにして契約後の保険料を安くするかというと「必要な時に必要な保障のみ」加入するということです。

例1で説明すると死亡の定期が2000万円必要ですか?ということです。
まずは、この保険は何のための保険であるかを考えてみます。

この死亡の定期保険というのは自分に万が一があった時の保険です。
子供が18歳になるまでを必要な金額ということを目安に考えます。

一律には考えることはできず個人の状況によって大きく変わります。

10年前と比べて保険料の増減となる要素は以下のようなことです。
・扶養家族が増えた。 → 保障アップ
・子供が10歳成長した → 保障ダウン
・子供が独立した  → 保障ダウン
・家を購入した    → 保障ダウン
・脱サラした → 保障アップ

こんな内容です。
これを総合してどれぐらいの保障が必要かを判断します。

何もなく子供が成長しただけなら必要な保障は10年分減ります。
トータルして考えたらやっぱり同じぐらいの保障が必要ということもあるかもしれません。

必要な保障が減ったというのであれば特約はそのまま有効にして保証額を減らせばいいということになります。
10年後に再び更新となりますが、その頃には子供達も大きくなっているので必要な保障はさらに減るでしょう。

問題はやはり更新後も同じだけの保障が必要という場合ですね。
泣く泣く同じ保障内容で更新をして高い保険料支払うか、保障は必要だけどお金がないので保障を下げるかです。

実はこれも方法があります。
収入保障タイプの保険に切り替えるという方法です。

この収入保障タイプの保険というのは通常の定期保険とどう違うかというと、死亡定期保険は死亡時に一括で保険金が支払われます。
それに対して収入保障タイプは死亡時は一括で支払われるのではなく毎月20万という支払方になります。

この収入保障タイプの保険は死亡定期に比べて保険料が非常に安くなります。
契約してすぐに死亡すれば支払金額は多額になりますが、20年後に死亡すれば少額の支払いで済むためです。

契約する側としても世帯主が死亡したとしてもすぐに2000万円が必要になるわけではなく日々の生活費のみでいいはずです。

この収入保障タイプの保険は、全期型の保険であるため更新はありません。
子供の年齢などを考慮して何歳までの保険にするかを決めます。

最初に決まった保険料のまま満期まで支払いをします。
必要な保障額が減る場合でもこの収入保障タイプの保険に加入してもいいでしょう。

続いて医療特約についてです。
これもまず保険に加入する目的を明確にします。

医療保険は死亡保険のようにシンプルではなく種類も多く非常にわかりにくいものとなっています。
基本的には高額医療費のリスクに対するものです。

実は現在の日本では平均入院期間はどんどん短くなってきており、長期の入院になるケースは少なくなってきています。
そして高額医療費の制度があるため、一時的に高額な医療費を支払っても後から返金されます。

ではいくらのリスクに備えるための保険かということになります。
医療保険の保険料は安いものではなくそれなりの金額のものです。

まず、現在加入中の医療特約ですが、これは解約をしても問題ないでしょう。(あくまで特約のみの解約です)
なぜならこのまま加入をしていても10年後にはまた保険料は上がるし、死亡保険と違い医療保険は年齢が上がった時に必要になるからです。

主保険である医療保険と保険料を比較すればよくわかります。
確認しておくべき点は「医療特約の保険期間」です。

死亡保険は終身であっても特約はお金を払っている間のみ保障があるというものもあります。
保険料以前に保障が60歳まででいいのか?という問題もあります。

考えるべきこととしては
  現行の保障を把握する。
      ↓↓↓
  ・入院給付は一日いくらか?(何日目から?)
  ・手術給付はあるか?
・支払いはいつまでか?
  ・保険期間はいつまでか?

生命保険見直しの黄金パターン

生命保険を更新する際の見直し方法について簡単に説明しましたが、シンプルに最も多いパターンを紹介しましょう。
何も考えなくてこのまま行っても生命保険会社の「転換」に比べて格段に効果があることは間違いのない方法です。

死亡の終身保険があってそれに特約として死亡の定期保険と医療保険がついている場合です。
よくある定期付き終身保険です。

死亡定期と医療の特約を解約します。
注意しないといけないのは「特約」のみということです。
「死亡終身」を残すということが重要です。

死亡の終身は不要という人を除いては解約する意味はありません。
そして死亡の定期特約の代わりに収入保障タイプの保険に加入します。

収入保障タイプの保険というのは全期型の保険で年々保障は下がってきます。
10年毎の更新はなく保険料は一定です。

医療保険をどうするかについて黄金パターンというものはなく個人の考えによります。
高い保険になりますので加入せず貯金するというのもありです。

もし、加入する場合は主保険が医療保険のものに加入することになります。
主保険だけでなく特約にも選択肢が多いのでもっとも迷う部分です。

これだけで大幅な保険料の節約になります。
考え方としては必要なところに必要な保障をつけるということになります。

現在、加入している保険会社ですべての商品を扱っていない場合があります。
そういう場合は、以下のお読みください。

保険は難しいと感じる人は無料相談がおすすめ

ここまで生命保険の更新の際の見直し方法について説明してきましたが、やはり読んだだけでは難しくてわからないという人もいます。

自分ではわからないという人には「無料の保険相談」をおすすめします。

以下の会話は主婦エリさんが保険会社の提案を受けたものの納得がいかず兄のタケシさんに相談をして無料の保険相談に行くまでのことを簡単に再現しています。

●主婦エリ
生命保険の事など勉強したこともないので専門用語を並べて説明されてもわからないよ。
この間来た生命保険会社の人もよくわかってなかった見たいだし。
少し質問したらしどろもどろになったし。

★兄タケシ
難しいからといってすぐにあきらめないほうがいいよ。
形のないものだからあんまり認識してないと思うけど生命保険って実はものすごい高額な商品なんだ。

高額な商品である住宅や車を購入する時はいろいろと調べたり勉強したりするように生命保険の事も調べてみよう。
誰に相談するにしてもよくわからずに加入すると後で後悔することになるよ。

●主婦エリ
高額な商品と言われてもよくわからないし。

★兄タケシ
では具体的にどれぐらいのお金を支払うかを説明してみよう。

例えば、毎月2万円の保険に加入をして30年間支払い続けると

2万×12ヶ月×30年=720万円

家を購入することはできないけど車なら何台も購入できる金額だね。
この金額を見れば少しは勉強してみようという気になるでしょう。

●主婦エリ
???

★兄タケシ
よくわからずに保険に加入をすると支払ったお金がど無駄になることが多いということ。

●主婦エリ
言っていることは何となくわかるんだけどやはり自分で生命保険を見直すのは難しいわ。

★兄タケシ
それなら無料で保険の相談をしてくれるサービスを紹介しましょう。

「無料の保険相談」というサービス。
テレビCMとかやってたりするので知っているかもしれないね。

無料で保険の相談に乗ってくれる。

内容としては
・現在加入している保険の説明
・生命保険の見直し

●主婦エリ
「ただ」って何か怪しくないの?
保険の加入を迫られたりしないか心配。

★兄タケシ
これを無料でやってくれるなんて怪しいのでは・・と思うかもしれないけど、怪しいことは一切ないよ。

保険の無料サービスもボランティアでやっているのではなく相談者が保険の契約をすればお金が入る仕組みになっている。
もちろん、保険の契約をするとお金が入るからといって強引に契約を迫ったりはしない。

この当たりはどの会社もチェックが厳しくできないようなルールがあるよ。

では、保険の見直しをするかわからないけど現在加入している保険の説明だけを聞きにいってもいいかというと「OK」です。

ただし、保険の無料相談も商売でやっているので以下の人は相談を受けることができない。
・病気で保険に加入できない人
・保険に加入する意志のない人

エリにそんなに怪しい店を紹介するわけないじゃん。

●主婦エリ
なるほど。

★兄タケシ
保険の無料相談というと怪しく聞こえるんだけど営業マンから商品の説明を聞くというスタンスでいいんだよ。
営業マンから商品の説明を聞くのに怪しいと思う人はいないので。

●主婦エリ
わかったわ、一度行ってみる。

では、どこで相談するのがおすすめなの?
やっぱり親切なところで相談したい。

★兄タケシ
そうだね。
無料の保険相談ならどこでもいいかというとそうでもない。

スキルのない人に当たるといいことはない。
まっ、それでも生命保険会社の人よりはましと思うけど。

俺のおすすめは

liffull保険相談。

ここで相談するのではなくいろんな保険相談のショップと提携している会社なんだ。
当然ながら質の低いショップとは提携していない。

全国のショップと提携しているので自宅近くに店はあるはずだよ。

>>liffull保険相談で保険の相談をする<<

liffull保険相談はイオンや駅前にあるショップと提携していてこちらから行かないといけないんだけど時間がなくて自宅来てくれるほうがいいのならこちらがおすすめ。

保険マンモス。

自宅に来てくれる保険相談の中では最大手の業者。
もしくは自宅近くの喫茶店で相談可能。

強者ぞろい。生命保険会社と比較するときっと感動するよ、なんでもっと早く相談しなかったんだろうって。

>>保険マンモスで保険の相談をする<<

更新日:

Copyright© 生命保険が更新で大幅に値上がりと言われた時に見るサイト , 2018 All Rights Reserved.